数字として紹介されている金利は、結局借りる人にとって不利な材料にしかならないので、数字は小さいほうが圧倒的に有利となります。むしろ大きな金利で借りたいと思っている人は誰も居ないはずなので、カードローンを利用することを考えているなら小さいことを前提に利用することになります。小さい会社と大きい会社が当然ありますから、大きいところは避けるようにした方がいいです。

ネット銀行系は比較的高い数字になっていて、大手の銀行は低い状態を作っていることが多くなります。これを知っていれば契約する会社を絞ることは出来ますので、無理をしないで借りることも容易にできるようになります。高い金利は小さい金額を借りる場合だけでなく、本当に高い金額を借りた時に不利になってしまうので、返済が非常に辛いと感じてしまうことも多々あります。

返済のことを考慮すると、高い金利の会社を契約するメリットは殆どありません。だからこそ金利の比較をしておかないと駄目だと言われているので、カードローンの場合は契約内容をチェックすることになります。人によって提供される金利が変わってしまうことになりますが、基本的には契約前に一番高い数字で判断すればいいです。