消費者金融のキャッシングを過去に利用した経験がある人は過払い金を請求できる可能性があります。ここでは過払い金請求する時に弁護士に依頼するべきか行政書士に依頼するべきか解説します。

・弁護士に依頼する時
 弁護士に任せる時には、基本的には弁護士は過払い金請求に関してのすべての仕事を担当してくれます。行政書士ができる範囲の事は弁護士も当然できます。できる範囲は弁護士の方が広いです。ですが弁護士報酬などがあり、料金は高めになる事は覚悟しておきましょう。

・行政書士にお願いする時
 行政書士の主な仕事内容というのは、公的書類の作成や提出です。法律に関してのアドバイスも出来ますが、弁護士ができるような代理や交渉、裁判に関する業務をする事ができません。この事からできる仕事内容からしたら、弁護に頼む方がよさそうですが、費用の面では行政書士に依頼した方がお金はかかりません。

・結局どっちがいいのか 過払い金請求において裁判で争うケースもありますが、現実的にはほとんどは裁判まで行う事はなくて、書類の提出だけで請求ができる事が多いです。過払い金の発生が明らかなケースでは争う余地もない事から、行政書士に頼む方が費用面では得です。

 対して複雑な案件ならば法律行為全般を担当してくれる弁護に依頼する方が心強いですね。ただし、料金は高めになります。したがって行政書士か弁護士かはその案件の状態で判断するという事になります。過去に消費者金融などでキャッシング経験がある人は過払い金請求をしてみればお金が戻ってくるかもしれませんよ。