消費者金融について誤解している方がいらっしゃるようです。

良い誤解であれば特に問題はないのかも知りませんが、悪く誤解している方が多くいらっしゃるようです。

消費者金融のキャッシングはとても便利に利用できるサービスです。

そのような良いサービスを誤解によって利用することを避けているのであればもったいなくもあると思うので微力ながら消費者金融に対する悪い誤解を解いていきたいと思います。

消費者金融に対する悪い誤解として利息が倍々ゲームのように増えてしまい、最後には返済不能になってしまうというものがあると思います。確かに、むかしは高金利で貸し出しをしている消費者金融もありましたが、いまでは事情は大きく変化しています。

消費者金融の上限金利は利息制限法によって貸付金額により15%から20%と決められているのです。

大手の消費者金融では各社とも上限金利を18%にしているところが多いようです。ちなみに銀行のカードローンでは金利を15%前後にしているところが多いようです。金利は銀行よりも消費者金融のほうが数%ほど高くなっていますが、消費者金融の無利息キャッシングを利用すると銀行から融資を受けるより利息を低く抑えることも可能です。消費者金融の利息は法律により高くとも20%までと定められていることに留意して申し込み先を選択するのが良いでしよう。