パートやアルバイトで働いている収入の少ない主婦の方などでも、一定の収入があればお金を借りることができます。

特に少しでも新規のお客さんを取りたい消費者金融などは審査も簡単に通る可能性が高いです。消費者金融は金利が高いというイメージがありますが、少額の借り入れなら銀行系のカードローンでも、消費者金融でもあまり大きな違いはありません。

ただ、例えば10万円を借りて利息が18%だった場合、2年かけて返すと利息は約2万円ですが、1年で返せば約1万円で済みます。

つまり、カードローンの利息は日割り計算で割り出されるので、早く返せばそれだけお得だということです。

借り入れ先のホームページには、金利を入力すれば簡単に返済のシュミレーションが導き出せる機能も備えているので、利用してみましょう。今は借り入れ1ヶ月目は無利息という期間を設けているところも多いので、カードローンでは早めに返済することが、損をせず利便性だけを享受できるコツとなります。

また、主婦の方で収入がまったくないという人には「配偶者貸付」という制度があります。夫婦2人の収入の合計によって、貸付限度額が決められるという制度です。

パートナーの同意書・結婚を証明する書類などが必要となりますが、収入のない専業主婦でもお金を借りることができます。