キャッシングの申し込みをしても、審査に通らないことはありえることです。しかし、何度も審査に通らないという場合にはブラック状態になっているかもしれないと疑う必要があります。

キャッシングの審査が通りにくくなっているブラック状態には3つ状態が考えられます。

一つ目はブラックリストに記載されている状態です。ブラックリストとは正式な名称ではなく、金融機関が加盟している信用情報機関が収集と管理している個人信用情報の事故情報に、3か月以上の返済遅延や自己破産や債務整理などのいわゆる金融事故の履歴が記載されている状態を言います。金融機関は審査の際にこの個人信用情報を重視しますので、審査に通りにくくなっているのです。

二つ目には申し込みブラック状態になっている場合です。これは短期間に複数社にキャッシングの申し込みするなどした時にやはり個人信用情報の申し込み履歴によって審査に通りにくくなっています。一か月に3社以上の申し込みで申し込みブラックになるといわれています。

最後は社内ブラックになっている状態です。これは信用情報機関は関係なく、ある特定の金融機関でブラック状態になっているということで、この状態になってしまえば、その金融機関での審査が通ることはまずないといえます。