基本的に、カードローンを利用することになれば、申し込みの段階で説明をしなければならないことがいくつか生まれています。その1つが、どのような使い方をするのかという話です。カードローンを利用して、どのようなサービスにお金を使うことになるか、そのことを説明することが大事なのです。もし、会社側が思っていることと違っているなら、基本的にカードローンを利用できない仕組みにしています。

借金の返済にカードローンを利用するとか、勝手にお金が無くなってしまうような方法に使うというのは、絶対にできないことです。用途の説明をしなければならないのは、こうした間違ったことを起こさないために必要なことであり、カードローンを提供している会社が、安心して返済が行われるだろうと思われている人に貸せるようにするためなのです。そのため、カードローンの用途については、基本的に説明をすることが必要になっています。

説明しないまま利用できるところは、基本的にないと思ってください。嘘をついて借りるという方法がないわけでもありませんが、用途がおかしいと思われたり、使う金額に対して明らかに用途が変だと思われれば、審査落ちの可能性が高まってしまいます。